月2万までしか稼げないけど、株投資は時給3000円でした【体験談】

stock market & part time job 自己投資
こんな人に読んでほしい
・短期的に少額でいいからお金が欲しい
・アルバイトの無駄な時間を減らして自己投資したい
・プログラミングのような高度なスキルはありません

こんにちは、しえるです。
今回は「勉強や趣味に没頭したいけど、お金も必要」、「自己投資時間を犠牲にしたアルバイトはコスパ最悪」と思っている方(特に学生)を対象に月7時間で2万円稼ぐ方法をご紹介します。「怪しい…」と思ったそこのあなた、一読してからご判断願います。

こんな結果が得られます
・月7時間で2万円稼げます
・これまでよりも13時間自己投資に費やせます
・経済の話に敏感になり、将来的にも役に立ちます
デメリット
・月2万円までしか稼げません
・高収益の誘惑に負けない忍耐力が必要です

この記事の信憑性

私はこれから紹介する方法を用いて、1年間平均2万円の収益を上げつづけています。

執筆背景

「時給1000円のアルバイトなんか無駄。勉強したい。自己投資したら将来何倍にもなって還ってくるのに…(金銭的にも達成感的にも)。」と思っているから、バイト始めてはすぐやめてしまうの繰り返し。お小遣いは月2万。少なくはないけど、必需品とちょっとの贅沢ですぐに消えてしまう。

そこで、「時間を浪費したくないけど、お金増やしたい」という悩みを解決するための手段として選んだのが「株投資」。ちょうど起業を目指して勉強をしていたので、必ず必要となるであろう株の知識を強化しつつ収入増加につなげられるかもしれないと考えました。

そんな背景から、自分の時間を増やしつつバイト分を賄うために、貯金10万円で株投資をすることを決意。

10万円はどこから?
急な出費が発生したらと不安だったので、10万円は節約したり、バイトしたりして貯めていました。バイトは好きではありませんが、1か月頑張れば10万円ぐらいならなんとか稼げます。こんな生活脱却したいという思いを強めるためにも1か月バイト漬け生活をしてもいいかもしれません。

とりあえずネットで情報収集して絶望。手持ち資金が少ないと大儲けは期待できない。けれど、「バイトで稼ぐ代わり」と考えれば大儲けする必要はないとの結論に至り、すぐさま口座開設を申請。

審査期間に投資方法を勉強し、約2週間後から元手10万で運用開始。最初の1か月は手探り状態だったため、1万円の利益しか上げられませんでしたが、その試行錯誤の結果「月2万円までなら安定的に儲けられる」との結論に至りました。

2万円までしか稼げないけど、2万円以上の価値がある

これから紹介する方法を遵守すれば元手10万、月7時間費やすだけで2万円稼げます。つまり時給約3000円。そんな割のいい話あるわけないと思うかもしれませんが、事実です。私は実際にこの1年間平均2万円利益を出しています。

ただし、2万円までしか稼げません。

ここで萎えてしまった人は引き返してください。不労所得で2万円なのだからそんなのじゃバイトの代わりにならないと嘆くのは浅はかです。

時給1000円のバイトで2万円稼ごうと思うと、20時間働く必要があります。今回ご紹介する方法であれば7時間で2万円。それに加えて、バイトから株にシフトして余った13時間は存分に自己投資に使えます。プログラミングでも何でも構いません。短期的に収益が発生しなくても長期的にみれば自分の血肉となり、経済的にも社会的にも大きな価値を生むものに投資できるのです。

時給3000円で、かつ13時間の自己投資時間が生まれる

余裕で2万円以上の価値が生まれていることにお気づきでしょうか。不労所得だけど、自己投資に使うことで将来的に社会に還元できるのだから、結果非常に意義がある。試さない手はありません。

なぜ2万円までしか稼げないのか

2万円までしか稼げない理由は、「少ない時間で定期的に」利益を上げるための制約が存在するからです。

制約
①毎日20分しか費やさない
②グランビルの法則に従って買い付け
③15%の利益が出たら売却
④20%の損失が出たら売却
⑤買い付け最低価格が4万円のものまでしか手を付けない

基本的に株で大儲けする人は下記のいづれかの特徴を持っています。

・潤沢に余剰資金がある
・一分一秒の値動きの変化に敏感であり、最良のタイミングで売買できる

本記事の対象者はそもそも、一日で数万以上株で稼げるような資金力を持っている人ではなく、かつ、仕事や趣味、勉強に集中したいがために他のことにあまり時間を割きたくない人です。

なぜこの5つの条件なのか、解説していきます。

月7時間で2万円稼ぐ5つの条件

①毎日20分しか費やさない

毎日株運用に大量の時間を費やしていたら、本末転倒です。バイトを一部株投資にシフトする意味をもう一度考えてみましょう。「自己投資時間の創出」ですよね。そこまめにその日の株の値動きをチェックしていては、せっかく生まれた時間を無駄にしてしまいます。

②グランビルの法則に従って買い付け

グランビルは株の売買法則を発見したことで非常に有名です。もちろん完璧な法則ではありませんが、株の売買をするうえで大きな指標となります。確かに小手先の技術にすぎないかもしれません。

しかしこの法則を参考にすると、少ない学習時間で、初心者でも簡単に最良のタイミングで株を買い付けることができます。

③15%の利益が出たら売却
④20%の損失が出たら売却

この利益率で売買することを推奨するのは、これ以上の利益率を超えて運用するのには大きなリスクが伴うからです。

確かに20%の利益が発生したらもっと収益が増えますよね。でも、これをすると総合的に月末の利益が激減します。

最低取引価格が4万円の株で1か月以内に20%もの価値上昇を起こす確率は5%程度(1年間観察した102銘柄より算出)ですが、15%の価値上昇は約25%の確率で起こります。

例えば、2万円の銘柄が20%つまり4000円の価値を生み出すのを待つより、15%つまり3000円の利益が生まれた段階で2回取引を成立させて6000円獲得する方が容易だということがわかります。

そこで、1年間の経験に基づいて適切だと判断した基準が、

「利益は15%、損失は10%で売却」

なのです。欲張ってはいけませんよ笑

⑤買い付け最低価格が4万円のものまでしか手を付けない

まず、

株は分散投資が鉄則です。

簡単に説明します。
10万円全額を1つの銘柄に投資して、10%の損失が発生すると1万円マイナスになります。しかし、3万円、2万円×2つ、1万円×3つの銘柄に投資し、すべてが同時に10%の損失が発生することは稀です。つまり、分散投資をすると一気に大きな損害を被るリスクが減るというわけです

最低取引価格が4万円を超えてしまうと資金分散しにくくなり、リスクヘッジができません。

私もは投資を始めてすぐのころ、思い切って最低取引価格が約5万円の株2銘柄に手を出したことがあります。しかし、予想外にこの株価が大暴落し、あわせて3万円の損失が発生したことがあります。

この経験をしてからは少なくとも3つの株を買うようにし、リスク分散をするようにしています。

慣れないうちは必ずこの条件を遵守してください
「もうちょっと株価上がりそう」といって、売却時期を先延ばししたり、高額な株に手を出すと大損する危険性が高まります。少しの時間を費やすだけで「安定的な収入」を確保するには、誘惑に負けない忍耐力が必要です。

投資実行の手順

投資実行の手順
①証券口座を開設
②株の基礎知識を学ぶ
③運用開始

①証券口座を開設

証券口座開設には2週間ほどかかるので、投資する可能性が少しでもあるならすぐに開設申請をしましょう。証券口座を持つこと自体に費用はかからないので、一つぐらい持っていて損はありません。

主な証券会社は下記のとおりです。

①楽天証券
②SBI証券
③DMM.com証券
③GMOクリック証券
④松井証券

それぞれメリット・デメリットはありますが、アプリの使い勝手を考えると楽天証券かDMM.com証券が断トツでいいです。外出していても簡単にサッと株の値動きを確認できますよ。

②株の基礎知識を学ぶ

初めて株投資をする人が知っておいた方がいい知識は以下の4つです。

・株式市場とは
・売買の仕組み (とりあえず板寄せの場合を押さえる)
・グランビルの法則(買いのタイミング)
・株銘柄の見つけ方

これだけ知っていれば、十分株を運用できます。学習時間は6時間ほどでしょう。この時間は初期投資と考えてください。安定的な収益につながるのであれば安いものです。

さらっと1通り株の知識を学ぶにはこの書籍がおすすめです。

全体的な知識

図解がわかりやすく、コンパクトに株投資についてまとまっていてすぐに読めるのが推しポイントです。株式市場とは何か、売り買いの仕組みをわかりやすく解説してくれています。下手にネットで探すよりも効率よく必要な情報を収集できます。

グランビルの法則

グランビルの法則はこの記事が参考になります。買いのタイミング部分だけ押さえておけばOKです。

>>グランビルの法則を使いこなす

この記事はめちゃくちゃわかりやすいです。ボリューミーですが、グランビルの法則とその+αについて書かれていて、この通りに株を買い付ければ十中八ぐらいは当たります。

株銘柄の見つけ方

株銘柄はトレーディングツールのスクリーニング機能と上で紹介したグランビルの法則を用いたチャート分析を使って、見つけていきます。

スクリーニング機能とは
どのような株がいいのか、細かい条件を指定して銘柄を探せる機能です

証券口座が開設されるまで証券会社のスクリーニング機能を使えないところが多いので予習という感じで読み進めてください。

今回は楽天証券のアプリ「iSPEED」の画面で説明します。用語がいろいろ出てきますがあまり気にしないでください。この通りにすれば銘柄を見つけられます。

1.まず市場のETFとREITはオフにします。

2.コンセンサスレーティングを2.0-4.0に、投資金額を1万円~4万円に指定し検索します。

3.どれか適当に株を選択するとサマリー画面が開くので、チャートをタップして詳しくチェックします。この時「日足」チャートを選択するようにしてください。

4.少し小さくて見にくいですが、チャートでグランビルの法則の買いタイミングかどうかチェックすると、図中に描画したように移動平均線が上昇しつつ株価が跳ね上がっていますのでここは「買い」です。

このような手順で銘柄を探します。証券会社によってトレーディングツールが多少異なりますが、そこまで差はありません。

株の銘柄はたくさんあって全部チェックすると時間がかかってしまうので、私は水曜の朝10分だけと決めて銘柄探しをしています。初めはもう少し時間がかかるとは思いますが、苦労するのは最初の1か月だけです。

*「Yahoo!ファイナンス」アプリは証券口座の有無にかかわらずスクリーニング機能を利用できますが、チャートが単純でグランビルの法則で買い株を見極められません。雰囲気をつかむという意味で口座開設前に練習してみてるという使い方がいいでしょう。

③実際に運用する

ここから先は、証券口座を開いてから詳しく読んでもらえればと思いますが、運用の流れを把握するためにさらっと目を通すことをおすすめします。

口座開設を申請してから2週間のうちに先ほど説明した運用開始の準備を整えておきましょう。運用の手順は次の通りです。

運用の手順
①証券口座に入金する
②銘柄を選んで買い付け&アラート設定または売り注文をする
③8:55、11:25、14:55に銘柄をチェックする

初めに講座に入金した後は、基本的に②、③を繰り返せばOKです。

買い付け&アラート設定

銘柄の選び方は既に紹介してあるので、それに従ってスクリーニングをかけ、チャートをチェックします。グランビルの法則を適用して、買いサインが出ていたら思い切って買い付けましょう。この時忘れずに、利益確定する金額と損切りする金額にアラート設定もしくは売り注文をしておきます。

アラート設定は、株価が「買値×1.15-10以上」と「買値×1.1+10以下」で設定しておきます。-10、+10をするのは、売却タイミングになる前に売り注文を出しておかないと売却が間に合わないので、タイミングが来る前に株値を把握するためです。

以前私はユニチカの株を362円で買ったので、「362×1.15-10=406円以上(画像1)」、「362×1.1-10=339円以下(画像2)」でアラートを設定していました。

画像1
画像2

画像2を見てもらうと、334円<339円で時価がアラート設定の価格より下回っているので、売り注文を出しました。

売り注文は、

・株価が上昇傾向➡利益確定方向に
・株価が下落傾向➡損切り方向に

出しておきます。

銘柄チェック

銘柄チェックのタイミングは、

の3回で、各5分ずつ行います。取引開始前と取引終了前に大きく値が動くのでこのタイミングで確認しておくのがベストです。具体的には、

・主な証券会社の取引開始5分前の8:55
・前場引け前の11:25
・後場引け前の14:55

をします。先ほど株投資の条件に1日当たり20分費やすと書きましたが、残りの5分はアラームが鳴ったタイミングに株価をチェックしたり銘柄をチェックするように予備で設けている時間です。

・8:55は売り注文の設定
・11:25はアラートを確認して売り注文の設定
・14:55は15%以上の利益が出てるかチェックし、出てたら売却

これで、月2万円稼ぐことが可能になります。

【DMM 株】口座開設

まとめ:月7時間で2万円稼げます

最初はツールなどに手間取ることもあるかもしれませんが、1カ月ほどこなしているうちに慣れてきます。慣れてしまえば、こちらのもので月々平均2万円を手に入れかつ自己投資時間を13時間確保できるようになります。

自己投資時間の確保➡スキルアップ➡さらなる収益拡大

のサイクルをぜひ構築してください。1か月慣れないことに耐え、さらなる利益欲に負けないように努力する必要はありますが、「少ない時間で安定的な」利益を上げられるので始めるしかないですね。

興味を持ったら、さっそく口座を開設してみましょう。

今回は以上です。